古田敦也とのバッテリーと言ったら・・・